aamall

2015年06月29日

THE 3RD PLANETが民事再生法申請へ

ゲームセンター「THE 3RD PLANET」運営会社が民事再生
ヤフーニュース 帝国データバンク配信より
(株)ザ・サードプラネット(TDB企業コード:420325935、資本金4500万円、静岡県静岡市駿河区中田4-9-23、代表長野和史氏ほか1名)は、6月29日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請、同日保全命令を受けた。
 申請代理人は住田昌弘弁護士(東京都千代田区大手町1-7-2、センチュリー法律事務所、電話03-5204-1080)。監督委員は永沢徹弁護士(東京都中央区日本橋3-3-4、永沢総合法律事務所、電話03-3273-1800)。
 当社は、1983年(昭和58年)8月創業、2005年(平成17年)3月に法人改組されたアミューズメント施設運営業者。当社の前身は同商号の(株)ザ・サードプラネット(現:長野興産(株))であり、ゲームセンターの運営は30年以上の業歴を有していた。1999年に福島県に出店、その後は静岡県外への積極出店、店舗大型化を進めていた。同社はその後、AVソフトレンタル事業、銭湯・サウナ事業、ゲームセンター事業などへ事業領域を拡大し、事業の効率化を図るため2005年3月に会社分割を実施。新たに設立された当社はゲームセンター事業に特化し、存続会社は(株)長野興産クリエイトへの商号変更を経て、現在の長野興産(株)へ商号変更している。長年の業歴とテレビCMなどで培われた知名度を生かし、直営店舗の他、FC店舗開発も進め、2007年3月期には年売上高約99億1200万円を計上していた。
 しかし、静岡県外への直営店出店やFC契約先獲得などのために、2004年に東京本社を開設するなど積極的な設備投資を行っていたなか、リーマン・ショック以降は景気急落により新規出店が相次いで中止となったほか、不採算店舗も増えていた。その後もスマートフォンの普及に伴うソーシャル・ゲーム市場の拡大や家庭用ゲームの浸透などで業界環境は厳しさを増し、年商に匹敵する借り入れ負担も重く、資金繰りが悪化、今回の措置となった。
 負債は約60億円。


時代の流れなのでしょうが、勢いのある頃のことを懐かしく思います。店舗デザインにもこだわりがあったりして、個人的には好きでした。BG4Tの鍵作りでも各地のサードに大変にお世話になったので残念ですね。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔